平成28年 新年のご挨拶  2016年1月2日 13:16

明けましておめでとうございます。

『般若心経』を読みますと、「物事にとらわれない」ことの大切さをあらためて感じます。
人生はまことに「有為転変」で、因(原因)と縁(条件)によって一切は変化します。
仮に今がどん底の状態にあったとしても、きっと好転する日もめぐってくるでしょう。
「とらわれ」の強い方は、それを少しでも減らすように心掛けてみませんか。
苦しみは減り、充実した日々がくるかと思います。

法然上人は、お念仏こそが煩悩に満ち溢れた私たち凡夫にとってふさわしい教えであるとお説きになりました。
日々の積極的なお念仏により心の安寧が得られ、極楽に往生できるという保証と安心が得られます。

「一人でも多くの人々がお念仏を通して仏さまとのご縁を結び・深めていただくこと」を心がけ、微力ではございますが、皆さまの心の健康にお役に立てますよう精進してまいる所存でございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

至心合掌