4月8日 花まつり  2011年4月9日 18:35

昨日(4月8日)はお釈迦さまのお誕生日「花まつり(灌仏会)」でした。
今年も正門付近に生花で飾り付けた花御堂を設置し、道行く人びとにお釈迦さまのお像に甘茶をかけていただきました。
強風のせいか、沈鬱なご時勢のためか、例年に比べると人通りは閑散としていました。
それでも年中行事としていつもお越しになる方、久しぶりに顔を出してくださる方、勇気を出して初めてお越しになられた方など、いろいろな方にお会いでき有意義な行事でした。
拝受した浄財は、東日本大震災の義捐金として、浄土宗経由で日本赤十字社に送金させていただきます。
多くの方々のご協力に心より御礼申し上げます。

大震災にあたり  2011年4月1日 08:44

3月11日の巨大地震は大津波や原発危機を伴い、未曾有の災難になりました。
とても悲しく辛いことです。
お亡くなられた多くの方々に衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。
被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
そして一刻も早い安全の確保と復興をお祈り申し上げます。
大乗仏教では「自利(自らを利すること)」と「利他(他者を利すること)」の両面を兼ね備えることを理想としますが、特に利他の実践(利他行)を重視します。
日頃私たちは快適で何不自由ない生活を送っていますと、不幸や苦しみといったものへの感受性が乏しくなり、とかく自利ばかりの自己中心になりがちです。
しかし、このたびのような大自然の猛威に対する人間の弱さに直面しますと、自分を犠牲にしてでも他の人々の力になろうとする優しく暖かな利他の気持ちが出てくることは、とても尊いことと思います。
当院としてできることは限られますが、義捐金、支援物資、節電、ご回向等を実施しております。
被災地以外の地域でも、不安やストレスにより精神的に不安定になられている方が多いようです。
皆さまにはこういう時こそお寺に足をお運びいただき、義捐金の募金や、犠牲者や被災者に心を寄せる「祈り」の合掌をしていただければ有り難く存じます。
利他行は、私たちの心を安寧にする自利行にもなると考えます。
                          南無阿弥陀仏